活字文庫の新規開拓のやり方



こんにちは!あみーごです。

昨日、昼からの仕入れに行ってまいりましたが、抜け巻の回収が目当てでしたが、やっぱりリサーチしたくなりますよね。案の定、リサーチしながらの回収となってしまいました。
だって、、、調べたくなるような本ばっかりなんだもんwしょうがないw

というわけで、私の新規開拓のやり方をご紹介というか、合ってるのか共感いただけるのか、、、ちょっと心配ではありますが、ご紹介したいと思います。

ほうほう、あみーごはこんなやり方をしているのね、程度で見ていただけるといいのではないでしょうか。



このリサーチをするにあたって、前提があります。
それは全巻君を持っていること。私、これないと無理ですw
全巻君を持っているという前提でお話を進めますので、よろしくお願いします。



まず、店舗に入ってから行く棚はもちろん活字文庫コーナーです。ここであせってカゴを持っていったらだめですよ。目をつけられます(と勝手に想像していますw)。


どこからでもいいのですが、私は端から順番に見ています。1つの棚を上から順番にザーッと見ていっています。

そこで、見たことないタイトルや、自分が気になるものがあったら、リサーチ。全巻君を使ってバーコードを読み取って確認、バーコードで出なかったら、題名、作者を入力して検索かけています。

ヒットすれば確認すればいいし、ヒットしなければまた違った方法で検索をかけます。そこは企業秘密ということでw

その繰り返しでリサーチをしています。



同行君があれば、それを見ながらリサーチすることも可能ですが、私はなぜか全巻君でのリサーチから入ったので、このやり方がしっくりきます。なんで同行君使わなかったんやろwww



簡単に言ったら、インスピレーションを感じたらリサーチをしていますってことですwそんなやり方どうやねんって感じですよね。。。自分でもそう思います。今からでも同行君を使ってリサーチすると違った視点でのリサーチになるので、面白いかもしれませんね。



あとは、全巻君でリサーチしても分からなかった時に、私のアドレナリンがめっちゃ出ますw普通だったら諦めるのかもしれませんが、どうしても調べてやるぜーってムキになっちゃうのかもしれません。適度にしないとですよね。。。
たとえば、こんなやつ。

知っている人もいるのかもしれませんが、私は知りませんw
でもなんか利益出そうなニオイしません?w

こういうものをリサーチしたくなっちゃうんですよ。これだから活字文庫のリサーチやめられないんですよね。

結局、わからずに断念した案件でしたがwww




と、私がやっている活字文庫のリサーチどうでしたか?確実に共感できるような内容ではなかったと思いますw

大事なのは、自分が楽しいと思えるやり方を見つけて実行することだと思います。楽しくリサーチできる方法が出来たら、何も苦にならないじゃないですか!活字文庫を楽しくリサーチできるおかげで、仕入れもシールはがしも、梱包も出品登録も価格改定も楽しくてしょうがないです!


ぜひ、みなさんの楽しいリサーチ方法教えてください!


P.S.
同行君の申込みは締め切りました!
次回募集は未定です。ありがとうございました。
同行君の募集が今月までということで、あと1日なので、迷っている人は、ぜひやってみてはどうでしょう。申込んでおいて後で辞めることはできます。後からやっぱり申込む!ということはしばらくはできないです。後悔しないようによく考えてみてください。

同行君はこちらから!

全巻君もぜひ!


私はこれから、友達の家で飲みにいってきますwww

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)