活字文庫がかわいい理由


こんばんわ!あみーごです。

もうだんだんと分かってる方もいらっしゃるとは思いますが、
私は、活字文庫が大好きです。もうすぐ愛に変わるかもしれませんw
このタイトルも本当は丸文字にしたいくらいですw

なぜこんなにも好きになったのか、私目線の理由で考えてみました。



<私が活字文庫がかわいいと思う理由>

その① 大きさがかわいい
・手の中に納まりそうなくらい小さい(そこまで手は大きくない)。男性が小さい女性がかわいいって思うのと一緒なんだと思いますw
・カゴに入れる際、きれいに入る。ちょうど4つに分けて入れられるんですよ!一回やってみてください。

その② ヤケていてもきれい
・活字文庫のヤケ方ってきれいじゃないですか?たぶんこれは、共感していただけないと思います。感覚的な話で申し訳ないですが、ヤケていてもきれいにヤケているので、いやな気持ちにならずウットリしてしまいますw

その③ コンプ率が高い
・まとめて置いていることが多い。シリーズものであってもごっそり回収できます!下手したら2セット回収できることも!(縦積みはよく考えて!)

その④ 回転が早い
・ランキングの順位が低くても関係なし。しっかりモノレートを確認して仕入れをすれば問題ないです!3か月で売れていなくても12か月で見ると、およよ!と思うこともありますよね!

その⑤ 利益率が高い
・30%後半から40%の利益率のものが取れる。売れるとヨッシャー!って毎回喜んでいますw
・出品者が少ないと、お宝ゲットだぜ!一発コンプで取れるうえ、お宝ゲットでダブルの喜びが味わえることは、たまにあります。


と、私が思う活字文庫のかわいいところを挙げてみましたが、どうでしょう。本の内容には全く触れていませんw(作者さんごめんなさい)でも、売れるってことは、本の内容も面白いんだと思います!

私は約1か月間という短い期間ではありますが、活字文庫に取り組んできて、コミックより活字文庫の方が断然やりやすいと感じています。

しかし、やりやすさは人それぞれですので、向き不向きはあります。ですがもし、コミックなどで苦戦しているのであれば、活字文庫を見てみるのもいいかもしれません。やってみないと何もわからないですからね!

昨日私は、100冊超の本をシールはがしからamazonへの発送まで、一気にしてしまったため、現在魂が抜けています。。。今週末にガッツリ仕入れたいと思いますので、体力を温存します!
メリハリをつけて取り組むのはとても大事だと思いますので、みなさんも体調などには気を付けて、コツコツやっていきましょうね!

まだまだ、活字文庫のかわいいところ出てくると思います。また、まとまったら、ご報告させてもらいますね。私の活字文庫に対する愛情はこんなもんじゃないですよw

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)